So-net無料ブログ作成

2016/4/30 武平まんじゅう

日光のお土産は?
前に行った時は(15年くらい前)「湯葉」と「志そまきとうがらし」を買いましたけど、今回は是非買いに行きたいものがありました。
「武平まんじゅう」です。
以前に頂いた時にネットで調べてみたら、「知る人ぞ知る」みたいでかなり有名らしい。お店の場所も日光の中心部から約12キロくらいというので、帰り道にちょっと寄り道しましょうと軽い感じで思っていました。
そして車は日光駅を過ぎ、杉並木に沿った道をしばらく東に進んだ訳ですが、だんだん町中から外れ、田んぼや畑が多くなり、本当にこんなところにそんな有名なお菓子屋さんがあるの?と、一抹の不安にかられ始めたころ到着しました。
武平まんじゅう①.JPG

え?ここ?外観はお菓子屋さんというイメージとはほど遠く、田舎の雑貨屋さんという感じ(あくまでも私の主観です)。
中に入ると普通のお菓子屋さんのようにショーケースに商品が並んでいるわけではなく、奥の工場との境に仕切りのようにガラスケースがあるだけで店内はガランとしています。駄菓子を置いてあったのは、すぐ目の前が小学校だからかな?
武平まんじゅう②.JPG

武平まんじゅう③.JPG

人によっては100個単位で買っていくみたいですが、我が家はそんなにたくさんいりません。自宅に5個、次女に5個、夫の職場に10個、計20個で充分でございます。1個60円。消費税は5%のままでした。
でも20個買ったらレジ横の籠からひょいと2個取っておまけをくださいました。え?いいんですか?
多分、見栄えが悪くてはじいたものをおまけにしてるみたいです。
さっそくおまけ分を車で食べました。全体的にペタッと潰れたかんじの形状ですが、皮がもっちりしてて美味しいです。昔ながらの素朴な味わい、しかもこし餡。やっぱりお饅頭はこし餡に限ります。
「予約しないと買えない」とのネット情報でしたが、朝10時過ぎに行ったので待たないですぐに買う事が出来ました。でも外に出てくるとあっという間に駐車場がいっぱいになっていましたから、やはり予約は必要なのかも。
また機会があれば買いに行くかな?
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016/4/29 〇二つ ゆの森

奥日光湯元温泉の宿は「ゆの森」です。
ゆの森①.JPG

ゆの森②.JPG

ラウンジでは薪ストーブが赤々とついていました。4月の終わりなのに寒かったですからね。
ゆの森⑤.JPG

ゆの森⑥.JPG

まずはウェルカムドリンクを頂きます。ビール!とナッツ!
ゆの森⑦.JPG

ゆの森④.JPG

暫し寛いだ後でお部屋へと向かいます。
ところどころに置かれた緑。
ゆの森⑧.JPG

ゆの森⑪.JPG

途中にあった読書室(?)
ゆの森⑨.JPG

この宿は全室露天風呂付きですが、私たちが本日泊まるのは和洋室です。
ゆの森⑫.JPG

ゆの森⑬.JPG

この座椅子は酷く座り辛かったです。座るとズルズルと滑ってしまうのでもたれることができませんでした。
テーブルもここまで低いと使い勝手が悪く、幅も狭すぎです。見た目はオシャレに見えますが、実際に使うと。。というのはね、うーーーーん。
ゆの森⑯.JPG

洗面台。なぜかガラス。使っていてものすごく落ち着きません。
ゆの森⑰.JPG

カプセルみたいなシャワー室が洗面台のうしろにでんと据え付けられています。こんなの初めて見ました。
ゆの森⑱.JPG

ゆの森⑭.JPG

ベッドの寝心地はまずまずでしたが、写真で注目して欲しいのはベッドのすぐ横まで入口の三和土の部分が切られていることです。(三和土と言っても絨毯敷きですが)
なんでこんなところまで?そんなに広い三和土いらないでしょ。床材を貼る面積を減らす為なのかしらん?
ゆの森⑮.JPG

露天風呂は白く濁った硫黄泉で、陶製の湯船に湯の花の結晶がびっしりと付いています。
これはこれで風情がありますが、「湯温が調節されていないので自分でお水を加えて適温にしてください」とのこと。お水を入れて下さいという事は温泉成分が薄まるっていうことですよね。うーーん、湯守りの人がちゃんといるわけではないんですね。温度が低い温泉も困りますが、いくら源泉かけ流しでもこれはこれでどうなの?
でもまあ、気を取り直して温泉温泉。
ゆの森⑲.JPG

到着が4時頃だったので、7時の夕食までの間に温泉を満喫です。

夕食はダイニングルームで頂きます。
ゆの森⑳.JPG

まずはビール!
ゆの森21.JPG

食前酒
ゆの森22.JPG

先附 ブロッコリームース 雲丹、山葵、ブロッコリージュレ。芹と焼き椎茸浸し 帆立、胡麻。
ゆの森23.JPG

前菜 木の芽和え、かぶら寿司、三色串(花弁百合根、丸十、玉蒟蒻)、天豆黄身酢、芋茎の利休和え、諸子甘露煮、唐墨と大根
ゆの森24.JPG

御椀 新わかめ豆腐 白魚、筍、こごみ、青紅葉麩、木の芽
わかめをミルフィーユ状に卵でとじていました。昔、ウチの母がわかめとちりめんじゃこを卵とじにしていたのと同じ味で、「うわっ」と思ってしまいました。あんまり好きではなかったんです。
ゆの森25.JPG

造里 本日の鮮魚
湯葉とヤシオマス。山の中で海のお魚じゃなくて、地産地消です。好感が持てます。美味しかったしね。
ゆの森26.JPG

焚物 長芋と蛸の柔らか煮 蕗
この蛸は本当に良く炊けていました。
ゆの森27.JPG

鍋 霧島高原牛しゃぶしゃぶ
お鍋は3種類(牛しゃぶしゃぶ、豆乳しゃぶしゃぶ、ポークしゃぶしゃぶ)から選べます。
ゆの森28.JPG

ゆの森29.JPG

ゆの森30.JPG

酢肴 わけぎ、蛍烏賊辛子酢味噌、紅芯大根
ゆの森31.JPG

この後でご飯が出てきたのですが、既にしゃぶしゃぶの段階でお腹はパンパン。赤出汁だけ頂いて、ご飯はおむすびにして部屋に持ってきて貰う事にしました。
水菓子 自家製あんみつ
この黒蜜はとても美味しかったです。でも別腹ではなく、かなり無理して詰め込んだ感じ。
ゆの森32.JPG

あとで持ってきて貰ったおむすびです。
ゆの森33.JPG

中身は蕗味噌なんですが、一口食べた夫が「美味しくない」
ん?なんでかな?と思って食べたら納得しました。手塩が付いていなかったんですね。
多分「ご飯がおいしいから」とそのまま握ったのかもしれませんが、やっぱりそういうもんじゃないですよね。残念。

食休みの後はひたすら温泉です。出ては入り、入っては出て、今回は湯の中に入ってるのが最長じゃないでしょうか。

翌朝は早朝からまた温泉です。なんと!朝から吹雪いています。でもこれだけ外気が低いと、温泉も一層楽しめます。
朝食は昨夜と同じダイニングルームで頂きます。
和と洋から選ぶそうなので夫は和、私は洋を選びました。
ゆの森37.JPG

失敗したかも。なぜかローストチキン(胸肉)のスライスがお皿にのっていましたが、焼き過ぎで固くてパサパサ。手作りですというジャムは、リンゴ(写真奥左)はまだしもマーマレード(写真奥中)に至っては詰め過ぎで、なぜかスパイス(クローブ?だったと思う)効き過ぎで美味しくありません。
ゆの森38.JPG

テーブル上で作るハムエッグもなぜかトマトソースがしいてあったりして。。私としては塩コショウで充分でした。というか塩コショウにして欲しかったです。洋食は残念の一言です。
ちなみに夫の和食はこんな感じ。
ゆの森34.JPG

ごっつい箱膳で出てきました。
ゆの森35.JPG

ゆの森36.JPG

食べていないので中身は定かではありませんが、「大変美味しかった」と申しておりました。
それよりも気になったことは。。
給仕の女性が踵のないサンダル状の履物を履いていて、歩くたびに静かな部屋の中に「パコパコパコパコ」音を響かせていることでした。自分の足音に気付かないの?はぁ。。
今回の宿、夕食は大変美味しく頂き、お湯もまずまずで満足し、良かったねーで終わるところが、この足音で全て減点されたような気分です。
1泊24000円。(税別)
色々考えて〇は二つだけです。
露天風呂に水を足す時に使うのも、庭に水を撒くような無粋な青いゴムホース(しかも黒ずんでいました)からで(写真を撮るときにさすがに隠しましたが、撮っとけばよかったかも)、それも減点対象です。
つくづく残念。

ちなみに4/29の湯ノ湖です。
湯ノ湖①.JPG

湯ノ湖②.JPG

湯ノ湖③.JPG

湖を1周できる木道が湖岸ギリギリにあるのですが、吹雪いているので(写真ではよくわかりませんが、かなり降っているんです)断念しました。

そして下ってきて中禅寺湖です。
中禅寺湖①.JPG

中禅寺湖②.JPG

空は晴れたのですが、こちらは物凄い強風で寒い!
スプリングコートしか持ってきていない人間には、ちょっと耐えられないくらいの寒さです。
本当はイタリア大使館別荘にまた行きたかったのですが、この寒さの中1キロ以上歩くのは。。再び断念しました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016/4/28 川場田園プラザ

今日の最終目的地は奥日光湯元温泉です。
さて、東京からはどのルートで行きますか。
普通なら東北道で日光からいろは坂登ってというルートなのでしょうが、
行きも帰りも同じ道というのもね、ということで
行きは関越道で沼田から金精峠を越えて奥日光へ入るルートを選びました。
特に寄り道も考えていなかったので、のんびりと我が家を9時出発です。

ゴールデンウィークが始まる前日という事で、道路はガラガラの渋滞知らず。
沼田を降りたのがちょうどお昼ぐらいです。
さて、お昼ごはんをどうしますか。
ネットで検索すると、必ず上位に「道の駅・川場田園プラザ」の名前が出てきます。
それなら行ってみますか。
川場田園プラザ①.JPG

川場村は世田谷区の小学生なら必ずスキー教室や林間学校で行くところなので、懐かしい名前ですが。。
思った以上に広大な敷地で、施設も沢山の大きな道の駅です。
到着した時はちょうど土砂降りの雨で、ゆっくりと散策できませんでしたし
お休みのお店も半分くらいあって(平日の木曜日ですからね)
満喫とまではいきませんが、とりあえずお昼ごはんです。
夫はカレーうどん。
川場田園プラザ④.JPG

カレーうどんですが白いです。でも結構スパイシーで美味しかった。
お切り込みは初めて食べました。かなりのボリュームで満腹です。
川場田園プラザ⑤.JPG

お腹がいっぱいになったら買い物へGO!
ファーマーズマーケットには、こんな新鮮な野菜がこの量でこの値段でいいの?という感じで
沢山の野菜が所狭しと並んでいます。
今日は泊まりだから野菜を買うのは諦めようかと思ったのですが
よく考えてみたら目的地は山の上で気温も低いし、トランクに入れておけば1日くらい平気じゃない?
ということで、ついつい買い過ぎてしまいました。
川場田園プラザ②.JPG

特筆すべきはこの飲むヨーグルトです。
川場田園プラザ③.JPG

濃いです。
本当にヨーグルトそのものって感じで、こちらで普通に市販されている名ばかりの飲むヨーグルトとは濃さが違いました。
車の中で1本を二人で半分こして飲んだら、便秘気味だった夫が小一時間ほどで快調に。
常に快調な私は同じく小一時間ほどで下り気味に。

道の駅を出る頃には雨も少し小降りになったので、老神温泉の先にある吹割の滝へ立ち寄りました。
吹割の滝①.JPG

吹割の滝②.JPG

吹割の滝③.JPG

「東洋のナイアガラ」だそうですが。。それはちょっと言い過ぎかな。
でもさっきまでの雨のせいでかなり増水しており迫力満点です。
滝に向かうコンクリートの歩道は柵も何もないので、水の中に引き込まれそうでかなり怖いです。
(絶対に誰かおちているはず)

滝を後にした後は宿へ向かうだけなのですが、
丸沼高原スキー場のあたりに来ると霧で前が全く見えません。
娘たちが小さい頃は、この丸沼高原スキー場(スノボがライセンス制)かブランシェたかやま(スキー限定)に滑りに行っていましたが、それももうずいぶんと懐かしい話です。
金精峠を越えるころには霧は晴れましたが、今度は小雪がちらつき始めました。
本日の宿は奥日光湯元温泉「ゆの森」
その記事は、また明日。
nice!(20)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

2016/4/27 すでに撃沈

今年のゴールデンウィークは暦通りに出勤で
おまけにまだ有給も付与されていませんからどうにもなりません。
なので、世間様より前倒しで明日から温泉に行くことにしました。
でも今日までの外来3連荘で、もうヘロヘロです。
休み前に撃沈状態。
明日は起きられないかも。
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016/4/26 摂取はおむすび1個のみ

今日は本当に忙しくて、お昼休みも取れず、もちろんお昼ごはんも食べられず、
夕方の5時半になって初めて口にしたのが小さめのおむすび1個。
疲れました。
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016/4/25 久しぶりの再会

中断していた「アルプスの少女ハイジ」の放送が、先週からTOKYO-MXで再開されました。
そして今日はハイジが再びアルプスに戻り、おじいさんに再開する回の放送です。
かなり泣いてしまいました。
宮崎駿さんのあの一連のアニメは、初回放送時の子どもの時より
大人になってから見た方が引き込まれます。
子どもが対象のアニメなのに、一切手抜きがないのです。
本当に細かいところまで(例えばモミの木の実とか)きっちりと描かれていて、
大人になって見たからこそ理解できる部分が多く
「ああ、そうだったんだ」と納得することがしばしばです。

そして今回の放送で判明した驚愕の事実。
現在55歳の夫は、今回私が見ているのを隣で見るまで「ハイジ」を見た事がなかったと言うのです。
えええ?
ああ、でも。。私より4歳年上の男の子は、あの頃見るわけがないか。
そりゃそうだ。
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016/4/24 33年のマグカップ

大学進学で家を出る時にダンボール2箱(一つは衣類、もう一つは本)だけで出た私は、
ほとんどの家財道具(と言っても少ないものでしたが)を新しい住まいのそばで揃えました。
でもたった一つだけ、合格通知が届いた直後に買って持っていったものがありました。
イギリス製のマグカップです。
何の変哲もないオフホワイトの大ぶりなカップです。
でも初めて自分で買った家財道具でした。

それから33年。
ずっと割れることなく大事に使っていたのですが、さっき割れてしまいました。
夫が不安定な場所に中途半端に置いて牛乳を注ごうとして、そのまま床に落下。
木端微塵です。
器ですから割れるのが当たり前。永遠に残るものなんてない。
頭では分っているのですが、「あ、ごめーん」と言った夫の軽い口調にイラつき、
なぜだか物凄く腹が立ってきました。
たかがマグカップ。
されど、私にとってはあの18歳の時の思いが甦ってきて何ともやり場のない思いが。。
結構大事にしてたんだもん。
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016/4/23 面倒くさい

何かを育てるという事は
手間かかるし、気を使うし、お金もかかるし。。
まぁ、面倒くさいことではありますよね。
植物然り、動物然り、
もちろん人間の子どもが一番。
と思うのは親として失格でしょうか?
nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016/4/22 頭が桜もち

昨日、美容院に行きました。
「春なので桜の香りのシャンプーです」と店員さんが言っていましたが。。
昨日、家でもシャンプーしたし
今日もシャンプーしたのに
美容院の桜のシャンプーの香りがとれません。

まるで頭が桜もちみたいです。
nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

2016/4/21 たけのこ第4弾

出先からの帰り道立ち寄ったお店で
鮮度が良くて、形の良い、理想的な大きさの、しかも破格に安い筍を見つけました。
うーーん、昨日下茹でして煮つけたばかりなんだけど。。
「これは買い!」
心の中の声に抵抗できませんでした。
たけのこ、今年は第4弾で打ち止めですかね。
あ、急いでお料理したので写真はありません。
それに筍の写真ばっかりでもなぁ。

nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016/5/20 たけのこ第3弾

また次女からLINEです。
「今週末、泊まっていい?」
はい、どーぞ。何か食べたいものありますか?
「たけのこ」
えー?今年はもう2回も煮たしなぁ。。
帰りに小田急の地下に寄ったら、閉店間際でたけのこ半額で売ってるの見つけちゃいました。
ま、リクエストにお答えしますか。
写真は撮り忘れました。
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016/4/19 10年前は58歳

今日ご夫婦で診察に来られた患者さん。
診察室に入ってくるなり夫婦喧嘩です。

ご主人のお腹にブツブツが出来て、奥様に「お前が原因で俺にうつしたんだろう」と言ったのが事の始まりです。
怒った奥様が検査に行って容疑が晴れたので、逆にご主人に「どうなのよ」と詰め寄った揚句
「実は10年前に局部にイボイボが出来ました」とご主人がゲロったとか。
10年前に診察したのはウチの先生ではないので、詳しいことはわからず終いです。
再び夫婦喧嘩が始まりました。
仕方ないので「今回のお腹のブツブツはそういった病気ではないですよ」とやんわり納めて、検査で落ち着きましたが。。
そのご主人、10年前は58歳です。
こういう生々しい話、ちょっとウンザリだなぁ。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016/4/18 今日の患者さん

外来診療では、毎日何かしらあるんです。

「ええーーーーーっ?」とか
「マジ?」とか
「はぁぁぁぁぁ。。」とか
「勘弁してください」とか
「やれやれ」といった感想が付いてしまうような患者さんたちが満載です。
その中でも、良くも悪くも「今日一」という患者さんが必ずいます。
「THE 今日の患者さん」です。

でも私としては、そんな患者さんいなくて
普通に平和に順調に診察が終わってくれるのが「今日一」
なんですけどねー。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016/4/17 欲しいものは。。

久しぶりに長女から唐突に連絡がありました。
実は彼女の誕生日は4月1日。
誕生日、何か欲しいものないの?と聞いたら、
いつものように「ない」という鰾膠も無い お返事でした。

そんな彼女から「誕生日のプレゼントくれるんだったらWii下さい」
え?ウチにあるWiiですか?WiiUじゃなくて?
「できたらソフトも」
そんなんでいいのか。ま、本人が言うならいいんですかね。
我が家がWiiを買ったのは、たしか長女が高校3年生の春。
「受験生がいるのにあえてWiiを買うなんて、おまえんちの親ってどうなの?逆にスゲー」と
同級生の男子達に言われたとか言われないとか。
懐かしいなぁ。
一式すべてお送りします。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016/4/16 絶対行かない

去年の10月に引っ越して一人暮らしを始めた次女ですが、
以前からのバイト先は変わっていないので
週末にバイトの時は自宅のすぐ近所まで来ているわけです。
この間、「教科書代下さい」の時は、バイトの始まる前に待ち合わせて手渡しました。
次女曰く「お店に来ればいいのに。サービスするから」
とんでもございません!娘のバイト先になんて、行くわけありません。
何しに親がのこのこ顔出すんですか。
絶対行かない。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感